スマホさえあれば布団の中でも学べる

ふとん大学。

要約&書評

【要約&書評】逆襲のビジネル教室

更新日:

 

今回は、池田貴将さん著の『逆襲のビジネス教室』を紹介していきます!

本書では、ニューヨーク・タイムズで紹介されたベストセラーの中から、日本語訳されていない本を中心に、著者が大きく影響を受けた50冊を厳選して紹介されています!

海外で売れている本が日本語訳で発売されるまでには、どうしても時間がかかってしまいます。

加えて、翻訳をして出版するのにはお金や時間が余計にかかります。

そのため、実際にその国で売れていて日本でも売れるだろうと確信が持てるものでないと、日本語訳されて出版されないことが多いです。

よって、私たちがその本を日本語で読めるようになるころには、海外ではその情報が古くなり、また新たな情報が生まれています。

本書は、そんな日本と海外の溝を埋めるために書かれた1冊です!

そのため本書を読むことによって、日本の本では得ることができない、世界の最新の知識や考え方を学ぶことができます!

この記事では、本書の中から、あなたの人生をより幸せにする方法と成功を掴むための方法を厳選して紹介してきます!

 

youtubeでは、アニメーションを使った解説動画をあげています!

よろしければ、こちらもご覧ください!!

 


 

逆襲のビジネス教室の要約

悪い習慣を断ち方

人生は日々の習慣によって変わります。

そのため、悪い習慣ばかりでしたら、人生はどんどん悪い方向にいってしまいます。

毎晩お酒ばかり飲んでいては、十分な睡眠が取れず、毎日のパフォーマンスが落ちてしまいますよね?

また、病気にもかかりやすくなってしまいます。

だからこそ、悪い習慣は一刻も早く断ち切るべきなのです!

悪い習慣ほど身につきやすく、断ちにくいです。

そこで成功率を高めるために、本書で紹介されている方法を試してみてください!

まず悪い習慣を断ち切るためには、悪い習慣をしてしまう”きっかけ”を見つけることが大切です。

私たちの行動の裏には、きっかけが存在します。

さんが毎日ご飯を食べるのは、お腹が空いたというきっかけがあるからだと思います。

つい仕事終わりにお酒を飲んでしまうのは、冷蔵庫を開けたときにお酒が視界に入ってしまうからかもしれません。

またスマホをだらだらいじってしまうのは、スマホの通知が原因かもしれません。

このように、”きっかけ”を見つけることができたら、そのきっかけを取り除いていきます。

例えば、お酒を辞めたければ、家にお酒を置かないという方法が考えられます。

ちなみに、私はこの方法でお酒を辞めることができました(笑)

スマホであれば、通知が来ないようにすることで、簡単にきっかけをつぶすことができます。

ぜひ皆さんも、”きっかけ”を取り除くことを試してみて下さい!

 

今回は悪い習慣の絶ち方を紹介していきました。

勉強や運動など、良い習慣を身につけることができないと悩んでいる方もいると思います。

そういった方には、私が以前紹介した『習慣超大全』という本が役に立ちます!

こちらの動画で簡単に習慣が身につく方法を紹介しておりますので、よろしければご覧ください!

生産性を爆上げする方法

「仕事が終わらない、、、」

このように悩んでいる方は多いと思います。

もっと仕事の効率を上げることができれば、残業をすることがなくなります。

その分、家族や友人との時間、スキルアップのための勉強の時間に充てることができます。

充実した人生を送るためには、生産性を上げて、いかに仕事を効率的に終わらせるかが大切です!

そこで、仕事の生産性を上げるために、仕事を「頭の使い方」によって仕分けしましょう!

あなたの生産性が上がらないのは、一度に色んなことを考えてしまっているからです。

仕事にも新しいアイデアを出すなど高い集中力を必要とするものもあれば、ルーティン化されていているものもあります。

資料を作成しながら、返信しないといけないメールのことを考えたりなど、頭の使い方が違う仕事を一度に考えていると、私たちの注意力はみるみる落ちてしまいます。

そのため、仕事は「頭の使い方」によって仕分けすることが大切です!

おそらく、毎日の仕事をtodoリストで書き出してる方は多くいると思います。

ですが、「頭の使い方」で仕分けしている人は少ないのではないでしょうか?

「頭の使い方」で仕事を仕分けすることによって、違うタイプの仕事を一度に考えてしまうことを防ぐことができます。

結果的に注意力が下がってしまうことを防ぐことができ、仕事の生産性も高めることができます!

仕事に集中できない、仕事がなかなか終わらないという方は、ぜひこの方法を試してみて下さい!

 

自分の限界を超える方法

皆さんは、自分の限界を超えたいでしょうか?

今の自分の限界を超えることができれば、今よりも高いパフォーマンスを発揮することが出来ます。

その結果、大きな成果を上げることが出来たら、大きな成功を掴むことが出来ます。

世界記録を出したり、金メダルを獲得するアスリートは、自分の限界を超える体験をしていると思います。

アスリートのような人しか、自分の限界を超えることはできないのでしょうか?

実は、「40%ルール」というものを使うことによって、あなたもあなたの限界を超えることができるのです!

まず「40%ルール」では、あなたの今の全力は、あなたの能力のせいぜい40%程だと考えます。

もちろん、中には「100%」頑張っていると思われる方もいると思います。

ですが、まずはルールに従って、今自分が全力だと思っているものは40%だと考えましょう笑

ではそこから、どうやって残りの60%を引き出すのか?

小さな無理を繰り返すことで、残りの60%を徐々に引き出せるようになります!

いきなり無理をしてはいけません。

脳にバレない程度に、少しずつ無理をしていきます。

例えば、筋トレをしていると、疲れてくるポイントがあると思います。

そのときに、そこでやめてしまうのではなく、もう1〜2回、小さな無理をしましょう。

それを繰り返していくことで、小さな無理が普通に感じるようになり、だんだんとあなたの限界が押し上げられていきます。

もちろん、これは筋トレ以外にも使うことが出来ます。

勉強でも仕事でも、「疲れた」と思ってから、あとほんの少し頑張りましょう!

私もブログやYoutubeを始めたばかりの時は、長時間、作業を続けることが出来ませんでした。

大体は仕事終わりに作っているので、すぐに「疲れたな〜」「転がってゲームしたいな〜」と思ってしまっていました笑

ですがそこで、やめるのではなく、「あともう1段落書こう」「もう少し編集を頑張ろう」を繰り返したことで、仕事終わりでも2〜3時間くらいブログやyoutubeの作業をすることが出来ています。

個人的にも、小さな無理を積み重ねることは本当にオススメです!

ぜひ試してみてください!

 

動じないメンタルを身につける方法

現代はストレス社会と言われる程、日々多くのストレスにさらされている人が多いとおもます。

そんな現代を生き抜くためには、動じないメンタルが欲しくなりますよね!

どうすれば、動じないメンタルを手にすることができるのか?

自分が作ったペルソナになりきることで、動じないメンタルを手にすることができると、本書では書かれています!

イメージとしては、役者が役になりきるために、撮影以外でも役のように振る舞う感じです。

最初は、自分の中だけでペルソナを考えることは難しいかもしれません。

成功する人は、どんな人物なのか?

成功する人なら、どんな服装をしているのか?どんな言動や振る舞いをしているのか?といったことを想像していきましょう。

自分で考えたペルソナを想像しながら毎日を生きることによって、いちいち傷つくことのない鋼のメンタルを手に入れることが出来ます。

もしかしたら、最初は自分でペルソナを考えることが難しいかもしれません。

そういった時は、周りにペルソナにしたい人がいないかを探してみましょう!

この場面で、その人ならどうするか?を考えることによって、自分の中だけで「どうしよう、どうしよう」と焦るよりも、良い結果を生み出すことが出来ます。

私も普段から、色々と悩んでしまうタイプだったのですが、ペルソナを演じることで、だいぶ楽になりました!

特に職場では、仕事ができる人だったら、どうやって動くだろう?上司から注意された時にどうやって対処するだろう?と考えて実行することによって、悩むことよりも行動することが先に出るようになりました!

ぜひ皆さんも、ご自身のなりたいペルソナを作って演じてみてください!

 

逆襲のビジネス教室を読んだ感想

 

本書にも書かれていますが、日本で売れている本はハウツー系のものが多いですが、海外だと哲学に近い本が売れる傾向にあります。

実際に本書で紹介されている本の多くが、哲学のような、考えさせられるものが多いです。

もちろん、ハウツー系の本には、すぐに実践出来て、すぐに結果が得られやすいというメリットがあります。

ですが、哲学のように、一回自分の中で考えて、自分なりに答えを出すような本も、自分の成長にはとても大切だと思います。

世界の最先端の知識や考え方を身につけたい!もっと視野を広げたい!という方は、ぜひ本書『逆襲のビジネス教室』を読んでみてください!

 


ではでは。

-要約&書評

Copyright© ふとん大学。 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.