スマホさえあれば布団の中でも学べる

ふとん大学。

要約&書評

【要約&書評】お金に困らない人が学んでいること

投稿日:

 

今回は、株式会社XYZの代表取締役、岡崎かつひろさん著の『お金に困らない人が学んでいること』を紹介していきます!

本書では、一生お金に困らない人生を歩むための方法が書かれています。

早速、本書の結論は、「学ぶ」ことこそ激動の時代を生き抜くための最強の「武器」である!です。

私たちの生活は、コロナによって大きく変わりました。

そして、これからも生活や働き方は変わり続けていきます。

そんな時代だからこそ、変化した時に「学ぶ」ことが重要であり、学ばない人は取り残されてしまいます。

そこで、この記事では、お金に困らないためには、具体的に何を学べばいいのか?について詳しく紹介していきます!

 

お金に困らない人が学んでいることの要約

一生使い続けられる知識を学べ!

では、私たちがお金に困らないために学ぶべきこととは何なのか?

その答えは、一生使い続けられる知識です!

知識には、一生使い続けられる知識と、時間が経つと使えなくなる知識の2種類があります。

時間が経つと使えなくなる知識とは、今流行りのものや、すぐに知識がアップデートされてしまう専門知識などです。

一方で一生使い続けられる知識とは、コミュニケーションスキルやリーダーシップスキル、チームビルディングスキルが例として挙げられています。

皆さんは、安いけど1年で壊れるカバンと、ブランド品で高いけど一生使えるカバンのどちらを選ぶでしょうか?

おそらく、多くの人が後者の一生使えるカバンだと思います。

知識も同じです。

どうしても、今注目されているものや流行っているものに目がいきがちですが、長期的に見ると、一生使える知識を優先して学んでおく方がお得なんです!

本書では、特にコミュケーションスキルがオススメされています。

理由は、コミュニケーションスキルは、どの知識・スキルとも掛け算ができるからです。

また、コミュニケーションスキルは、2030年に必要とされるスキルにも入っています。

オックスフォード大学が発表した「2030年に必要とされるスキル」という論文では、第3位に指導力、第7位に協調性、第13位に伝達力、第18位にコミュニケーション学がランクインしています。

これらのスキルや知識は、全てコミュニケーション力が重要な鍵を握っています。

そのため、2030年に必要とされる人材になるためには、コミュニケーションスキルを身につける必要があります!

とはいえ、コミュニケーションスキルについて書かれた本はたくさんあります。

何から読めば良いかわからない!という方もいらっしゃると思います。

個人的に最初の1冊としておすすめなのが、カーネギー氏が書かれた『人を動かす』です。

本書は、人間関係の古典として、長い間読み続けられてきた名著です。

長い間読み続けられているのは、本書にコミュニケーションの真理が書かれているからです!

そして、その真理を今日は特別にお伝えします!笑

それは、「常に相手の立場に立って物事を考える」というものです。

なぜ、「常に相手の立場に立って物事を考える」ことが大切なのか?また具体的な事例や方法や、ぜひ『人を動かす』を読んでみてください!

私のYoutubeチャンネルでは、過去にメンタリストDaiGoさん著の『超トーク力』や永松茂久さん著の『人は聞き方が9割』という本を紹介しております。

コミュニケーション力に自信がないという方は、ぜひ参考にしてみてください!

すぐに稼ぎたいなら“流行も“学べ!

先ほどは、一生使える知識を学べという内容を紹介してきました。

しかし、一生使える知識にも、1つだけ欠点があります。

それは、稼ぐまでに時間がかかるということです。

本屋さんに行くとわかりますが、コミュニケーションに書かれた本は、めちゃくちゃあります。

それらの本を片っ端から読んでいると、莫大な時間がかかってしまいます。

また、コミュニケーションスキルだけでは、なかなか売りになりません。

コミュニケーションスキルを持っている人は、たくさんいるからです。

そのため、稼げるようになりたいなら、コミュニケーションスキルと掛け合わせる何かが必要です。

それが、「流行」です!

本書では、一例としてライブコマースが挙げられています。

最近では、ライブ配信で生計を立てている人も多くいらっしゃいますよね?

特にライブ配信では、視聴者とのコミュニケーションが大切です。

そのため、コミュニケーションを学びつつ、ライブコマースも学び、実践することでお金を稼げるようになります。

もちろん、ライブコマース以外にも流行の知識はあると思います。

代表的なところだと、音声コンテンツやNFTなどがあると思います。

お金を掴むためには、これから何が流行るのかを押さえておくことがとても大切です。

ぜひ一生使える知識に加えて、“流行“も学んでみてください!

 

さらにお金を稼ぎたいなら広告に乗っかれ!

自分の学びをお金に変えたいという方も多いいると思います。

そういった方に役立つのが、あなた自身が広告に乗っかって実際に購入することです。

学びをお金に変えるためには、理論が必要です。

そして、儲けている企業ほど、うまく広告を活用しています。

だからこそ、あなた自身がその広告に乗っかって、その広告の理論を学ぶことが、絶対に役に立ちます。

とはいえ、なんとなく惹かれた広告をクリックして、商品を購入するだけではダメです。

それでは、ただの消費者です。

ただの消費者から抜け出すためには、「なぜその広告をクリックしたくなったのか?」「広告のデザイン、使われている言葉は?」「広告から購入までの流れは?」といったことを意識していきましょう!

お金を稼ぐためには、何かを売らなければいけません。

広告は、売り方を学ぶのに最強の教材だと思います!

 

お金に困りたくないなら“お金“を学べ!

皆さんは、お金について学んでいるでしょうか?

お金に困りたくないなら、お金を稼ぎたいなら、当たり前ですがお金について学ぶべきです!

ですが、本書ではお金について学んでいない人が多すぎると書かれています。

お金について学んでいないとどうなるか?

お金を使うことばかりに一生懸命になってしまい、お金が瞬く間に逃げてしまいます。

実際に大金を稼いだ人が、使いすぎてしまい破産してしまったという人のニュースを見ることもありますよね?

お金について困りたくないなら、ちゃんとお金の知識を身につけて、知識武装するべきなのです!

本書では、専門的な知識を身につける必要はないが、最低限次の項目は語れるようにした方がいいと書かれています。

 

①今の収入と支出のバランス

②将来必要なお金はどれくらいか?

③リスクが発生した時にどの程度のお金があれば回避できるのか?

④どんな状態をつくれば、金融的なリスクを発生させずに生活できるか?

『お金に困らない人が学んでいること』より

 

お金について学びたい!という方に、リベ大学長の両さんが書かれた『お金の大学』がおすすめです!

本書で、生活費から税金、投資といったお金にまつわることを、1冊で全て学ぶことができます!

私にチャンネルでも、過去に投資について書かれた本を紹介しております。

よろしければ、参考にしてみてください!

PREP法でアウトプットしろ!

ここまでお金に困らないために学ぶべきことについて紹介してきました。

正しい知識をインプットすることは大切ですが、実はそれ以上にアウトプットすることが大切です!

私たち人間はアウトプットしないと、学んだことを忘れてしまいます。

特に人に教えることは最強です。

アメリカの研究機関が発表した「ラーニングピラミッド」によると、読書だけでは10%しか記憶に残らないのに対して、人に教えることで90%も記憶に残るそうです。

さらに、人に教えることを前提に学ぶことによって、記憶の定着率がより上がります。

とはいえ、人に教えることに自信がないという方もいらっしゃると思います。

そんな方は、PREP法を使ってみてください!

PREP法とは、要点→理由→事例→要点の順で話すことです。

このPREP法を、私が以前読んだ『スタンフォード式最高の睡眠』をもとにやってみます。

 

・要点

就寝90分前にお風呂を終えるのがベスト

・理由

就寝90分前にお風呂を終えることで睡眠の質を上げられることが科学的に証明されているから

・事例

入浴すると、体の深部体温が上がる。上がった深部体温が下がることで、私たちは眠くなる。そして、深部体温が下がるまでには90分ほどかかると言われている。就寝90分前にお風呂を終えることでスムーズに眠りにつくことができる。

・要点

だから就寝90分前にお風呂を終えるのがベストである。

 

PREP法のやり方をつかんでいただけたでしょうか?

ぜひ皆さんも、PREP法を使って、人に話してアウトプットしてみてください!

効率的な勉強法を知りたい!という方は、私が以前紹介した『一生使える勉強法』がおすすめです!

本書は、Youtube図書館を運営されている金川顕教さんが、100冊以上の勉強本から本当に効果のあるものだけを厳選して作られた1冊です!

こちらの動画では、独学でTORIC975点と英検1級を取得した私が、本書からさらに厳選して紹介しています!

よろしければ、参考にしてください!

お金に困らない人が学んでいることを読んだ感想

 

現代は恐るべきスピードで変化していっています。

さらに、私たちの寿命は伸びており、人生100年時代と言われています。

ということは、過去に生きていた人と比べて、私たちはより多くの変化を体験することになります。

そんな時代において、学ぶことは必須であり、むしろ学ばないことは危機的だという意識を持つことが大切だと思います。

多くの日本人は、高校卒業後、大学卒業後に学びを辞めてしまいます。

ですが、社会人だからこそ、学生時代と違い、学びをお金に変えやすいと思います。

また、学び続けることによって、常に時代に追いつくことができます。

だからこそ、勉強は学生時代で終わりではなく、生涯にわたって続けていくことが大切だとおみます。

そして、そのための方法が本書につまっています!

学びをお金に変えたい!一生お金に困らない方法を知りたい!という方は、ぜひ本書『お金に困らない人が学んでいること』を読んでみてください!

 


ではでは。

-要約&書評

Copyright© ふとん大学。 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.