タケブックス!

主に書評、ふと思ったことを中心にブログを書いています! メインで英語学習についてのブログを運営しています→http://www.toeic.work TOEIC925点/英検準一級/漢検2級  Twitter:@TToeic990

大学は行くべき?行かないべき?

 

どーもー、タケシです!

 

 

少し前に、大学に行くべきか、大学には行かないべきかといった話題をTwitterで多くみられました。

 

特に自分の記憶に残っているのは、「大学は絶対に行った方がいい!大学進学に反対している人は、例えあなたが大学に行かなかった結果、失敗したとしても責任を取ってくれない」といった感じのツイートでした。

 

それなりにフォロワー数の多い方のツイートだったと思います。

 

(記憶があやふやですいません笑)

 

 

正直に思ったのは、羨ましい。

 

何が羨ましいかって、いいねの数が1000以上を超えていたこと。笑

 

そんな冗談はされおき、私は大学に進学してもしなくても、どっちでもいいんじゃない?という、ハッキリしない立場です笑

 

私は現在、都内の大学に通っている3年生なのですが、今の所、大学に行ってよかった思ったことなんて1度もないです。

 

ただ、現在の日本の社会では、大学を卒業した人の方がサラリーマンとしての年収は、平均的に見ると高いのは事実ですし、何より大学卒業というだけで、高卒よりも色んな職業に就くことができる可能性が広がる。

 

入った会社で活躍できれば、もっと良いポジションに昇格することが出来て、年収も挙げることができる。

 

もちろん、高卒や中卒の方の中にも、自分で会社を立ち上げて、成功して、大卒でサラリーマンになった方では一生かけても稼ぐことのできないくらいのお金を、短い期間で稼ぐ人もいる。

 

良いところばかりを上げてきたが、逆に大学を卒業したって就職できない人もいれば、高卒・中卒であるがゆえに、自分の希望の職につけなかったり、昇進できなかったりする人もいる。

 

 

結局、どっちの道を選んだって成功している人はいるし、失敗している人もいる。

 

先ほど挙げた例以外にも、成功の形、失敗の形は色々あるわけで、どっちの道に行ったから確実に成功できる、失敗するってことはない。

 

でも私が感じたのは、自分の失敗を他人に責任取ってもらおうと最初から考えているやつは絶対に成功できない。

 

最初に紹介したツイートの中にも、失敗したって大学進学に反対している方は責任を取ってくれない、またその逆で、大学に行って失敗したって誰も責任を取ってくれないといった内容があった。

 

そんなん当たり前じゃん笑

 

と思ってしまう。

 

成功しようと思ったら、それなりにチャレンジをしなければいけない。

 

チャレンジするってことは、成功する確率があると同時に失敗する確率だってある。

 

もちろん、失敗したい人なんていない。

 

だからこそ必死になって頑張る。

 

でも、仮に自分の失敗を他人の責任にできる環境だったら?

 

他人に迷惑をかけたくないといった感情から頑張ることはできるかもしれないが、自分にリスクがない以上、最大限、または限界を超えて頑張ることはできないのではないか?と思う。

 

大学に行ったて行かなくたって、どっちだっていいけど、自分が本当に成功したいなら、自分の人生かけずにどうする!と私は思ってしまう。

 

そんなわけで、私の場合は大学進学に賛成か反対かというよりも、人に自分の失敗の責任を取ってもらうという姿勢に注目してしまいました笑

 

正直、自分の人生なんだから大学に進学するかしないかは、自分で決めればいいんじゃない?って思う。

 

自分のやりたいことをやるために大学に行くのが必要なら行けばいいし、大学卒業が必要ないなら、無理して行く必要もない。

 

結局は自分が何をやりたいかによっても変わってくる。

 

何もやりたいことがないなら、、、

 

知らん。自分で見つけなさい笑

 

やりたいことがないけど、とりあえず大学に行くってのも、行った先で自分のやりたいことが見つかるかもしれないし、自分の人生を大きく変える出会いがあるかもしれないから、必ずしも間違いではない。

 

逆に大学に行かず、お金をためて世界1周してみるのも面白いかもしれない笑

 

好きなことが見つかるかなんてのは、人それぞれタイミングがあると思う。

 

今はインターネットや動画サイトのおかげで、色んな情報が文章でも動画でも得ることができるから、自分のやりたいことが見つからないという人は、ひたすらネットを使って探し回るのもいいかもしれない。

 

それで、少しでも興味があるものを見つけたら、少しでもいいからやってみる。

 

やってみて面白かったら、続けてみればいい。

 

続けているうちに成功を掴んでいるかもしれない。

 

 

ではでは。

 

 

Twitter:@TToeic990