マーケティング(書評) 書評

【書評】「ドリルを売るには穴を売れ」を読んだ感想!マーケティングを知りたいならまずはこの1冊から! 

更新日:

 

今回は、佐藤義典さん著の『ドリルを売るには穴を売れ』を紹介していきます!

読んだ感想としては、マーケティングの勉強を始めるのに、最初にこの1冊を選んで良かったなと思います。

非常にわかりやすくマーケティングについて説明されているため、私のようなマーケティングを一切勉強していない方でも十分理解することができます!

 

なぜこの本を選んだのか?

f:id:ktakeshi1214:20180830153436j:plain

この本を読もうと思った大きな理由は、当たり前ですがマーケティングに興味があったからです笑

私は、ブログを通して参考書や本などを紹介しています。

また、最近ではタイムチケットを使って自分の時間を売ることに挑戦しています。

しかし、現実は厳しいもので、なかなか思うようには売れていません、、、笑

そのためマーケティングを勉強しようと思い、マーケティング初心者にオススメの本を探したところ、あらゆるサイトで『ドリルを売るには穴を売れ』が紹介されていました。

また、アフィリエイターの方もオススメしている本ということで、この本を即決で買いました笑

 

マーケティングとは何か?

f:id:ktakeshi1214:20180809015544j:plain

いったいマーケティングとは何なのでしょうか?

著者は本書の中で、

「マーケティングとは何か」をひと言でいえば「顧客」に関する全てのこと、つまり「売ることに関する全てのこと」だ。

と書かれています。

何か商品を「売る人」がいるということは、その反対で「買う人」、お客さまがいるということになります。

買う人がいるということは、売る人がいる。

当たり前のことですが、まずはここを理解しなくてはいけません。

 

知っておかなければいけない4つの理論とは?

f:id:ktakeshi1214:20180809015617p:plain

筆者は、マーケティングには、最低限知っておかなければいけない4つの理論があると書かれています。

①ベネフィットー顧客にとっての価値

②セグメンテーションとターゲティングー顧客を分けて絞る

③差別化ー競合よりも高い価値を提供する

④4Pー価値を実現するための製品・価格・販売・広告

これらが最低限知っておかなければならない、基本的なマーケティングの理論です。

他にもマーケティングの理論はあるのですが、まずはこの理論を土台として知っておかないと、ほかの理論も上手く理解することができません。

本書では、これら4つの理論について、廃業レストランの復活ストーリーとともに詳しく説明されています。

個人的には、高校生でも十分理解できる内容になっていると感じました。

ストーリー自体も4つの理論の説明が理解しやすくなるような構成になっているのに加えて、内容も面白いので、スラスラ読めました!

 

・なぜドリルではなく穴を売るのか?

中身を読まずにタイトルだけを見ると、最初は「どういうこと?」となってしまうかもしれません笑

実際に私も、中身を見るまではタイトルの意味がわかりませんでした。

もしタイトルの意味を、中身を読まずに理解できるのであれば、マーケティングの考え方が身についているということでしょう。

なぜ穴を売るのか?

それは、お客様がドリルを買うとき、穴を開けるために買うからです。

穴を開ける必要がなければ、ドリルを買う必要はありませんよね?

穴を開けなければいけないから、ドリルを買うのです。

すばり、お客様は穴を買っているのです。

ただ商品を売るのではなく、お客様が商品を買う理由は何か?をしっかりと考えないことがマーケティングではとても大切です。

 

この本を読み進めて、タイトルの理由がわかったとき、私はとても感動しました。

感動と同時に、マーケティングって自分が思っているよりもとても奥が深く、とても面白いと感じました。

マーケティングの勉強を始めたい!商品を売れる人になりたい!と思っている方は、ぜひ『ドリルを売るには穴を売れ』を読んでみてください!

 

 

ではでは。

-マーケティング(書評), 書評

Copyright© タケブックス! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.